ダイヤモンドを使った指輪でプロポーズをしよう

種類がある

五種類のシルエット

女性にとって結婚式を東京で行うか、地元で挙げるか、選ぶこともさることながら、結婚式イコール、あこがれのウエディングドレスを着用できるというイメージがあるでしょう。
ですが、ウエディングドレスはブランドによってデザインも違いますし、ドレスのシルエットにも種類がありますのでどれを選べばいいのか悩む人もいるでしょう。
デザインに関しては、時期によってトレンドが変わりますので、試着しにいかないと分からないことが多いです。
ですが、ドレスのシルエットは昔から大きく分けて五種類になりますので、どんなシルエットがあるのかを知っておいたほうがスムーズに選びやすくなるでしょう。

ウエディングドレスのシルエットは、プリンセスライン、Aライン、マーメイドライン、エンパイアライン、スレンダーラインの五種類に分かれます。
それぞれ特徴がありますので、自分の体型に合ったドレスはどれなのか判断できるように紹介していきます。
まずは、プリンセスラインです。このシルエットは、女性なら誰もが憧れるタイプになります。
どんなシルエットなのかといえば、ウエスト部分まですっきりとしたシルエットになっていますが、ウエスト部分の切り替えからスカートの裾部分まで大きく膨らんだお姫様が着用しているようなドレスの形になります。
その為、豪華な結婚式などにはぴったりのデザインになりますし、どんなタイプの女性が着用しても似合うシルエットになります。
Aラインのドレスは、ウエストの位置が高くなっており、その位置からアルファベットのAのような形のシルエットになることからこの名称で呼ばれています。
このラインは、どんな結婚式でも着用できるウエディングドレスになりますので、定番のドレスとして扱われていることが多いです。

大人の雰囲気を出したい女性は、マーメイドラインやエンパイアライン、そしてスレンダーラインがおすすめです。
マーメイドラインは、裾の部分まで体にフィットしたデザインとなっており、裾部分はまるで人魚のようなシルエットになっています。
エンパイアラインは、ウエスト部分で切り替えとなるデザインになっているウエディングドレスで、女神をイメージしたデザインになっています。
このタイプは、年齢関係なく着用できるタイプになっているので、年を重ねた女性にはおすすめのウエディングドレスになります。
スレンダーラインは、細身の女性が似合うようになっているシルエットのデザインです。これは、体のラインに沿って作っているのでスタイルに自信がある人におすすめのウエディングドレスです。