ダイヤモンドを使った指輪でプロポーズをしよう

世界に一つだけ

結婚することは、愛し合った二人が家族になるということになりますので、とても素敵な出来事になります。その為、結婚した証となる結婚指輪にこだわりたいという夫婦も多いでしょう。
そういった人は、世界に一つしかない手作りの結婚指輪を作ってみてはどうでしょうか?これは、手作りで二人の指輪を作ることになりますので他の誰かと同じ指輪になるというのはありません。
それに、デザインなどもこだわることができます。メッセージなども、希望した通りに彫ってもらうことができるので二人だけの結婚指輪を作りたいと思っているのならおすすめです。
しかし、どうやって指輪を作るのか、不器用だから形の悪い指輪が出来上がってしまうのではないか…と不安になる人もいるでしょう。
ですが、手作りで結婚指輪を作るといっても、プロのスタッフに教えてもらいながら作業を行なっていくことになりますので、完成度の高い指輪を作ることはできます。

どのようにして手作りするのかといえば、工房によって異なる部分もありますが、基本的な流れは同じですので紹介します。
まずは、手作りの結婚指輪を作れる工房を探して予約します。大体の工房は、一組につきスタッフが一人つくようになっています。
そして、制作の流れを説明してもらって、指輪のデザインを決めていきます。デザインが決まれば、どれほどの価格になるのかを見積もってもらいます。
見積もり内容に納得できれば、そのまま実際に指輪を作成する作業に流れます。
指輪を作成する作業に入れば、ワックスというロウ剤を事前に決めておいたデザインどおりに削ります。これは、スタッフがちゃんとサポートしてくれるので失敗してしまうことはありません。
このワックス制作が終われば、後はプロに任せます。プロは、デザイン通りに指輪を作ってくれますし、生紙や傷があったとしてもちゃんと修正して綺麗に仕上げてくれるので安心して下さい。
そして、完成するという流れになります。完成した手作りの結婚指輪は、一度装着してみて大丈夫かどうかを確認します。
大丈夫ならそのまま受け取って完了となりますが、何か後に不備が起こった場合はアフターサービスがあるのなら、そこへ持っていって修理などを行なってもらうといいでしょう。
他にも、メンテナンスやクリーニングサービスのアフターケアサービスもありますので、今後なにか起こった時は手作りの結婚指輪を作った工房へ持っていくようにできます。